わだちま、新事業立案に挑戦する。

この記事は約 3 分で読めます。

とある日の朝、目が覚めると天の声が聞こえました。(テレビ付けっぱなしで、スッキリが流れてきた訳ではありません)

天「このアイデアをお前にやろう。お前がこのアイデアを世に出さなければ、世の中は何も変わらない。お前がその代表に選ばれたのだ。光栄であろう。やってくれるな?」

その瞬間、私はそのアイデアにカミナリが落ちたような衝撃に駆られ、

「へい!やってきます!」

と二つ返事で了承をしました。

そこからは怒涛のような2ヶ月間が過ぎて行きました。とある新事業の公募に申し込むと、なんと書類審査に合格。プレゼン審査へと進出しました。プレゼンの説明会に行ってみると、なんと600の応募の中からの40人に選出されたとの事。

「マジか!やっぱりあの天の声は本当にスゴかったんだ!」

そう思い興奮しました。しかし、私は本当に重要なことを思い出しました。

「ヤバイ…オレ、プレゼンなんて33年間の人生でやったことも無いわ…しかも、人前で話すなんて大の苦手のオレが…」

そんな想いに駆られていましたが、幸いな事にプレゼンまでの準備として1ヶ月半の猶予が与えられました。ですから、この間は資料作成とプレゼン練習に明け暮れた日々を過ごしました。

本当にこの1ヶ月半は大好きなポケモンgoも控え、育児(まだ我が子は当時生後6ヶ月)と新事業の事しか考えない日々を過ごしました。続けていたブログもお休みさせて頂きました。

結局のところ本番のプレゼンや質疑応答は緊張のため、カミカミでしたが、それでもまずまずの出来。資料は後悔のないくらいに出来たのでそれなりの満足感でしたが、残念ながら結果は落選となりました。

あの「天の声」はニセモノだったと言うことです…。今後は本物の「天」に声を掛けてもらえるように、しっかりとスタートアップの知識を深め、準備していきたいと思います。

これまで読んできた資料です。難しいですが、非常に勉強になります。よろしければスタートアップに興味がある方は参考にしてみてください。

↓↓↓↓

 様々なビジネスモデルが掲載されている。それぞれのビジネスがどこで価値を提供しているかが、理解できる。
 アイデア→仮説構築→実験→学びのプロセスで新規事業を開発する手法が記されています。

しかしながら、合否の返答が「あなたのアイデアは、今回は見合わせる」との回答でしたのでいずれまた声が掛かるのかも!?との期待を胸にしまい込み、また新たな事業でも考えていきたいと思います。内容的には、タイムバンク創設の(株)メタップス会長、佐藤航陽さん著書の「お金2.0」を熟読し、その内容を体現したような事業だっただけに自信がありましたので、今回は非常に残念でした。しかしこんなにも未来を夢見てワクワクするなんて久々でしたし、本当に良い経験させて頂きました。青春を久々に謳歌した気分です。中身については残念ながらブログではお伝えすることはできませんが、今後、この経験を経て学んだことを自己啓発系の記事として発信していきたいと思います。

また、本ブログ「わだちまのライフプラン術」も再開していきたいと思いますので、是非ともよろしくお願い致します。

良い轍も悪い轍も、誰かの役に立ちますように。
新世代ライフプランはwadachima.com(ワダチマドットコム)!

それではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加