わだちま、父になる。④ 〜最終章 ついに出産を迎える〜

この記事は約 7 分で読めます。

決して順風満帆とは行かなかった轍家の妊活もついに最終章を迎えます。これまでの経緯は、過去記事からご覧下さい。

『わだちま、父になる。』

①〜不妊治療と海外旅行に明け暮れた6年間〜

②〜子の無い人生を本気で考えた日〜

③〜妊娠発覚、女性のワークライフバランスの難しさ〜

今シリーズは妊活〜出産までの経験を男目線で書いています。今記事は最終章、「出産体験記」になります。

「焼肉を食べると陣痛がくる」というジンクスは本当か。

妻はネットサーフィンが好きです。今回もどこぞのブログで仕入れて来たこの情報をどうしても実践したかったようで(ただ焼肉を食べたいだけじゃないのか)、出産前の轍家決起集会として焼肉屋でこのジンクスを検証する事となりました。

たらふく食べて満足しましたが、結果的には残念ながら来ませんでした。しかし、予定日を4日過ぎたとある日、この日は妻の大好物のおしゃれなパン屋さんで大量のパンを食べました。すると、その日の夜中に陣痛が来たのです。焼肉とは言いませんが、この結果からすると「大好物の物を食べると陣痛が来る!?」という仮定は否定できないという結果となりました。陣痛が来て欲しい時は大好物のものを満腹に食べてみてはいかがでしょうか。

ついに陣痛発生!入院へ

パンをたらふく食べた次の日の明け方午前4時半頃、妻に起こされると10分間隔の陣痛が始まっていました。その陣痛が1時間続いているのかどうかを妻が確認している間、私はせっせと入院準備。意外と焦るので、忘れ物のないよう、こうなる前に事前準備は何日か前に済ませておきましょう。それでも恐らく何かは忘れてしまいます。

いざ産院についたのは午前6時、ここから長い戦いが始まりますが、結果的には午後5時くらいまでは妻の容態は比較的余裕のある様子でした。朝食も昼食も食べられる、本も読めるくらいの体調でしたので、私も仮眠をしたり、ブログを書いたり、一度犬の散歩に帰ったりと意外にも時間がありました。

妻の出産に伴う入院時に、夫が絶対にやってはいけない行動

まず始めに言いますが、この行動は私の失敗談ではありません。周囲でもよく聞きますし、意外にこういう方は多いのではないか、という事で世の男性陣に忠告の意味でお伝えしておきます。

奥さんの容態が穏やかな場合ですと、一見いつも通りの日常の雰囲気が流れていきます。そんな中、油断してスマホをいじったりゲームをしてしまいがちですが、それは厳禁。絶対にやらない事をお勧めします。「そんなの当たり前だろ!」と女性の大半の方は思うでしょう。しかし、男はバカな生き物であり、最近のゲームの中毒性は本当に尋常じゃないので心当たりのある男性諸君は意外と多いのではないでしょうか。

私の場合は「ポケモンgoにハマっていますが、流石にこの日ばかりは一切やりませんでした。なぜなら職場の先輩から身を犠牲にした助言を頂いていたからです。それは

「出産日以降はマジで控えたほうがいい。今後、一生言われ続ける事になるぞ」と。

また、他にも「ポケモンしとったじゃろ!」出産の不安と向き合った妻との7日間や、

【ポケモンGO】旦那が嫁の出産時に分娩室でゲームってどんな神経してんだよwww

などといった記事なんかもあります。

恐らくリアルに離婚問題に発展すると思います。奥さんは命を懸けて身を犠牲にして子供を産んでくれるのです。昔のお産は母子共に亡くなってしまう事も珍しくはなかったと祖母が言っていました。今後の夫婦生活も円満に過ごしたいのであれば、絶対に目を覚まし、当たり前の事ですが、この日ばかりは奥さんの容態をずっと気にかけてあげる事をお勧めします。正直言って、この状況でもスマホやゲームが少しでも気になってしまう方は、自分が依存症という危険な状態にある事を認識した方が良いレベルでしょう。これは人としておかしな状態という意味です。

ちなみに前項の私の行動(仮眠をしたり、ブログを書いたり、一度犬の散歩に帰ったり)は、妻から「やれば?」と勧められたものでありますので、釈明致しますww

子宮口5㎝〜破水〜出産

話を戻しますが、夕方の5時くらいから妻の容態が変わってきました。子宮口は5㎝と開き、夕食は食べられない程の痛みがやって来ていました。ここからが長かったと感じています。結果的にはその3時間後に破水し、子宮口が全開。その4時間後に出産しました。

この最後の計7時間もの長い時間を、妻は痛みに苦しんでいました。私が子供が欲しいと言ったばかりに…そんな罪悪感も多少なりとも感じました。しかし、乗り出した船はもう進むしかない。手を握ったり、汗を拭いたり、いきみ逃しをしたり…私なりに出来ることを全力でやりました。

そして日付が変わりそうな30分前、助産師さんが「どっちの日付で産みたい?」と一言。本日付であれば妻の誕生日と日付が一緒だった。「今日産んでほしいです!」と妻。すると助産師さんは、「じゃあ今日頑張っちゃおうね!」

こういう時は産み分けられるんだなぁと少し感心しつつも、ついにその時が!

妻と事前に相談をした時は撮影はしないと決めていたのですが、看護師さんに「ご主人、カメラいいの!?カメラ準備して!」と言われ、とっさの勢いに負けた私はスマホのカメラで焦りながら撮影開始。

そして11時48分、ついに待望の女の子が誕生しました。生命が誕生した瞬間はとても神秘的で、今でもキラキラと輝いた映像で鮮明に頭に焼き付いています。自分の人生の中でも価値観が大きく変わるほどの体験でした。

撮影に関しても、妻とは「記憶に残しておけばいいよね」と話していましたが、実際に後で映像を見たときは「本当に撮って良かった」と、心から思いました。動画撮影が可能な産院でしたら是非ともお勧めです。今でも動画を見ると、とても感動して泣けてきます。あの時、一生に一度の瞬間の撮影を促してくれた看護師さんに本当に感謝です。(後々わかったことですが、この看護師さんが私の母の元同僚で、知り合いだという事が発覚。世間は狭かった。皆さんにとってはどうでも良い話ですが…ww)

終わりに

ここまで長い文章を読んでくださり、本当にありがとうございました。私は子供を授かるに辺り、妊活を始めて3年弱という年月がかかっています。本当に私の人生で不妊治療を経験するとは思ってもいませんでしたし、子供なんてすぐに授かるだろうと思っていました。

現実は簡単にはいきませんでしたが、私は結果的には不妊治療を経て良かったなぁと思っています。なぜなら、ここまで自分の事、妻の事、子供の事、家族や血族の事と真剣に向き合い、考えたことは無かったからです。もし私が簡単に子供を授かっていたとしら、きっと今ほど家族を愛せていないでしょう。この経験のお陰で自分勝手だった私が、命の尊さや、その誕生の奇跡を強く感じる事が出来ています。

これからの家族内での私の目標は、『夫婦の仲が良すぎて、娘が妻に嫉妬しちゃうくらいの夫婦関係を築く』です。世の中のパパ、娘に嫌われている人多くないですか?そうならない為には、夫婦の仲が良い事が肝心だと思っています。ですから、私は例え収入が減ったとしても、海外に多いパパのように仕事よりも家庭優先の人間になろうと思っています。

現に私は現在育児の為、断捨離しまくっています。会社のとあるプロジェクトのリーダーを今期で自ら降りさせて頂きました。出世上等ですねww趣味も減らしまくっています。そして肝心のその育児に関しては、すでに1人で全て出来るようにしてあります。(おっぱいだけは出ないのであげられませんが…)それは妻にたまには外に出てリラックスする時間を作って欲しいからです。こう言った小さなことから私の目標達成プロジェクトは動いています。しっかり地に足をつけて、行動で誠意を見せていこうと思います。

何はともあれ私の長い長い独り言に付き合って頂きましてありがとうございました。これらの私の経験も、皆さんにとって少しでも役に立てたのならばブロガー冥利に尽きます。これからも当ブログ、「わだちま先生のライフプラン術」をよろしくお願いします。これらの記事を書いていましたら、不妊治療についてたくさん書きたいことが増えてきましたので、しばらくは「不妊治療編」を続けようと思います。以後は日記のようなものではなく皆様にとって有益な情報を提供出来るよう努力してまいります。

それではまた。

ライフプランはwadachima.com(ワダチマドットコム)!

このエントリーをはてなブックマークに追加