【老後資金】夫婦で1億円は本当か。実際はいくらかかるの?

この記事は約 3 分で読めます。

皆さんは老後の生活を本気で考えたことはありますか?4、50代の方はもちろん考えてはいると思いますが、2、30代の方はまだ遠い未来と思っている方も少なくないと思います。

今でこそ金融庁の年金2000万円足りない発言で注目を浴びている老後資金ですが、考えている方も考えていない方もそのうち平等にやってくる老後生活です。フリーランスや自営業の方は老後でも稼ぐ事が出来るかもしれませんが、会社勤めの方は収入がなくなってしまう為、備えが必要です。それでは、老後の生活とは一体どのくらいお金がかかるのでしょうか?

老後生活。夫婦で1億円、かかります。

「えっ…それ本当に?嘘でしょ?」と思った方も少なくないのではないでしょうか。私も初めて知った時は衝撃を受けました。「サラリーマンの生涯年収って2.5億円くらいじゃなかったかな?まさかその半分くらい持ってかれるの?子供の教育費もあるのに大丈夫なの?」みたいな感じで。ですが本当にかかってきます。それでは、実際に数字で見ていきましょう。

皆さんは自分の月の生活費がいくらなのかはご存知ですか?我が家は節約して20万前後でやらせて頂いております。しかし、平均は夫婦で25万くらいなのかなぁと思います。ではシンプルに普通の、特に贅沢をしない生活を30年続けたらどうなるか計算してみましょう。

25万×12(ヶ月)×30(年)=9000万円

最低限の生活で9000万円かかってしまいます。では節約した場合(20万)と、少し生活費が多めの場合(30万)を見て行きましょう。

20万×12(ヶ月)×30(年)=7200万円

30万×12(ヶ月)×30(年)=1億800万円

自分の生活スタイルにもよりますが、7200万〜1億800万円がかかってきます。ビックリなのはその差が3600万にもなる事です。

皆さんの毎月の生活費や将来過ごしたい生活費を計算式の頭に入れて計算してみてください。この3600万という差を埋めたい方は、今から節約志向の生活水準をクセにしておく事をお勧めします。

今後は更に物価の上昇も見込まれますので、1億円があればとりあえず普通の生活が出来そうだとわかります。そして、これはあくまで最低限必要なお金です。ちょっとビックリする金額です。では、他には何がかかるのでしょうか。

老後生活。かかるのは1億円だけではない。

先程述べたのはあくまで生活費です。それ以外にもかかってくるのをお忘れではないですか?今でも各式のご祝儀や旅行費、趣味代、医療費等、様々な特別費がかかっているのです。更に高齢になれば病院に通いがちになり、医療費はかさみます。特に医療費に関しては今後は負担額が上がってしまう懸念もあります。また、もし要介護状態になってしまったら施設代が、他にも葬式代、お墓代。挙げればキリがありません。やりたい事や夢、目標もあるでしょう。という事は更にプラスαのお金が必要という事になります。

私は過去記事、「幸せについて本気出して考えてみる」でも記載していますが、将来を3割、今現在を7割で考えるプランニングを推奨しています。それは、将来はどうなるか誰にもわからないからです。ですからある程度の物差しで構わないと思います。しかし、わかっている事があるのに何も備えない事は決して賢いとは言えないとも思っています。ここでわかっている事というのは「老後生活は1億円プラスαがかかる」という事実です。

ですから最低限、1億円とプラスαを作り出す仕組みは作っておいたら安心ですね、という話です。それでは、次回は具体的にどのように仕組みを作っていくのか、私自身の事例で一緒に見ていきましょう。

【国民(厚生)年金だけには頼れない】老後資金はiDeCoを中心に分散貯蓄!①

良い轍も悪い轍も、誰かの役に立ちますように。

新世代ライフプランはwadachima.com(ワダチマドットコム)

それではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加