NISA*ニーサ(少額投資非課税制度)を始めよう!そもそもNISAとは?①〜NISAの種類を比較する〜

この記事は約 4 分で読めます。

最近、銀行や証券会社でも宣伝や広告も多く、目にする機会も多くなってきたNISA。私もまさに実践している中の1人ですが、そもそもNISAって何?という疑問を持っている方も少なくないと思います。今回は、今更聞けないNISAの基礎についてお話します。

そもそもNISA(少額投資非課税制度)とは?

NISAとはNippon-Individual Savings Accountの略称でイギリスのISA(アイサ)がモデルとされた日本版の税金が掛からない投資を実施できる制度す。(Nipponて…と思ったのは私だけではないはず。)

そもそも投資って税金かかるの?と思う方もいるかと思いますが、株の配当や売却益には20.315%の税金を支払わなくてはならないんです。結構高いですよね。100万稼いだら約20万円の税金です。それを支払わなくて良いんですから、投資に興味がある方は是非とも活用したいですよね。

導入された経緯を簡単に言いますと、日本人の金融資産は預金に偏っている為、お金を動かして社会の新陳代謝を良くし、経済を活性化させようという流れの中の一つの施作です。経済大国イギリスでは4人に1人はISAを利用していると言われています。確かに私も投資を始める前までは、貯金しかしていませんでした。お金に働いてもらうという発想は微塵にもありませんでしたね。そんな事が出来ると初めて知った時は目から鱗でした。そんな事、誰にも教わった事ない。日本は「金融」においては結構遅れているようです。

NISAの種類は?

NISAの種類はNISA「つみたてNISAの2種類があり1人につき、このどちらかしか選択できません。

また、20歳未満の方を対象にした「ジュニアNISAも存在します。こちらは、親としては子供の為の貯蓄や、大学資金の捻出などに活用できます。

ジュニアNISAについて、詳しく書いてあるサイトをご紹介!!俺株さん↓↓↓

ジュニアNISA(ニーサ)とは?子どもの為に賢く投資しよう!俺株

さて、上記の3つのNISAについて比較していきます。

NISA つみたてNISA ジュニアNISA
非課税枠/年 120万 40万 80万
非課税期間 5年間(ロールオーバー可) 20年間 5年間(ロールオーバー可)
購入可能期間 〜2023年まで 〜2037年まで 〜2023年まで
対象商品 株・投資信託・ETF・REIT 特定の投資信託 株・投資信託・ETF・REIT

1つずつ説明していきます。縦軸を比べますとNISAとジュニアNISAは、ほぼ同じような仕組みとなっています。非課税枠の年額が少し低い、まさにジュニアって感じですね。

しかし、ジュニアNISAには1つだけ難点があります。それは子供が18歳の年まで引き出しが出来ないことです。運用期間が2023年〜5年間の2027年までとなっておりますから、2019年に生まれた子で、その年からジュニアNISAを始めた場合、2028年以降の10年間は口座にお金を閉じ込めっぱなしになりますから、その点はご注意ください。

横軸を比べます。まずは非課税枠についてですが、NISAで言えば年間で120万円までの購入に関しての利益や配当金に、税金が掛かりませんよという意味です。つみたてNISAでは月額33,333までとなります。

非課税期間は、購入した年から5年間(20年間)は非課税なります。ロールオーバーとは5年間経過した後にまた更に5年間延長できるシステムです。最長、対象期間である2023年〜5年間の2027年まで使用できます。つみたてNISAにロールオーバーはありません。

対象商品の欄では、つみたてNISAのみ少数となっております。NISAやジュニアNISAには商品のラインナップは数多くありますから幅広く選べますが、種類が多すぎて煩雑してしまいがち。始めたばかりの方にとっては専門用語が多すぎてマジで訳がわからないと思います。私も初めて投資商品のラインナップを見た時には目が点になり、カーズ並に考えるのを止めました。(あ、ジョジョです。ディズニーのCARSじゃないよ!)それはさておき、つみたてNISAなら種類も少なく、まだ経験の浅い方は選びやすいのかなと思います。

続きはこちら↓↓↓

そもそもNISAとは?NISAのメリット、デメリット

良い轍も悪い轍も、誰かの役に立ちますように。

新世代ライフプランはwadachima.com(ワダチマドットコム)

それではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加