【MLBイチロー選手の引退会見から学ぶ】目標達成や夢を叶える為に必要な4つの思考!

この記事は約 6 分で読めます。

平成31年3月21日、東京ドームで開催されたMLB(メジャーリーグベースボール)、マリナーズVSアスレチックス戦、開幕第2戦目にて我らがマリナーズのイチロー選手が現役を引退されました。

筆者も多少なりとも野球をかじっており、小さい頃からイチロー選手に憧れていた人間のうちの1人ですから、非常に誇らしい気持ちになると共に本当に本当に感動させて頂きました。(現在も草野球で使用している外野用グラブはイチローモデル!)試合後の一問一答の記者会見を拝見しましたが、心に刺さる言葉が多くあり、改めてプロフェッショナルを貫いた方の偉大さを実感しました。

今回はそんなイチロー選手の記者会見のコメントを振り返ると共に、その中から私が学んだ事を「夢や目標を追いかける為に必要な4つの思考」という題でまとめました。私たちもイチロー選手の偉大なる轍を歩んで行きましょう。

「好き」は困難を乗り越えるパワーになる

子供たちにメッセージを求められたイチロー選手は

「自分が熱中できるもの、夢中になれるものを見つけられれば、それに向かってエネルギーを注いでいける。そういうものを早く見つけてほしいなと思います。それが見つかれば、自分の前に立ちはだかる壁に向かっていける。向かうことができると思うんですね。それが見つけられないと壁が出てくると諦めてしまうということがあると思うので。色んなことにトライして、自分に向くか向かないかというより自分が好きなものを見つけてほしいなと思います」

とコメントしました。このメッセージは筆者自身にも非常に心当たりがあり、グサグサと心に響いてきました。すぐに諦めてしまうものというのはきっと好きでもないし全く情熱もないものなのでしょう。好きなことをやっている時というのは努力している感覚もなく、ただ楽しく成長しているものです。同じことを学んでいても「好き」のパワーを持っている人にはやはり勝てない。「好き」が最強なのです。

「結果」が出なくとも、「姿勢」が人を動かす

「結果」とその「過程」はどちらが大事かという問いに対しては様々な意見が挙がりそうですが、筆者は「過程」の方が重要だと思っています。「結果」というものは第三者が時間的区切りを設け、その内容を評価したものです。何かを目指していく者にとっては少しの区切りは必要な場合もありますが、あまり当人にとっては関係の無いことでしょう。

イチロー選手以外のプロ野球選手でも、「チームが勝つためにベストを尽くしました。その結果がたまたまホームランになりました。」という言葉を聞いたことはないでしょうか。一つ一つの積み重ねが「結果」に繋がっている、結果は「たまたま」なのです。

では「過程」とは言ってもどんな「過程」が重要なのでしょうか。これもイチロー選手のコメントに答えがありました。

今までの最も印象に残っているシーンを問われたイチロー選手のコメントです。

「今まで残してきた記録(10年200本安打やオールスターMVPなど)はいずれ誰かが抜いていくと思うんですけど、去年5月からシーズン最後の日まで、あの日々はひょっとしたら誰にもできないことかもしれないというような、ささやかな誇りを生んだ日々だったんですね。そのことが……去年の話だから近いということもあるんですけど、どの記録よりも自分の中では、ほんの少しだけ誇りを持てたことかなと思います」

オープン戦から開幕戦までほとんどヒットを打てなかった、「結果」を出せなかった今日が1番の日だとコメントされたのです。それは「50歳まで現役」という目標を掲げ、試合に出れずとも自分との戦いをし続ける、そんな近年の「姿勢」が、より多くの人を動かし、東京ドームでの開幕戦、日本人の大観衆の中で引退する、という「感動的な大偉業」を作り出したのではないでしょうか。結果が出ずとも、光を照らし続ける「姿勢」を貫く。この事が多くの人の心を動かすのでしょう。

「有言不実行」でも夢や目標を先に公言する

「50まで、いや最低50までって本当に思ってたし。でもそれは叶わずで。有言不実行の男になってしまったわけですけど、でも、その表現をしてこなかったら、ここまでできなかったかなという思いもあります。だから、言葉にすること。難しいかもしれないけど、言葉にして表現することというのは、目標に近づく一つの方法ではないかなと思っています」

有言実行で有名なのはサッカーの本田圭佑選手や、最近ではお笑い芸人キングコングの西野さん。イチロー選手もこの類いの人間であった。やはり、世の中で一般的に成功していると認識されている方は皆、先に大きな目標を公言し、その発言に責任を持って自分を近づけていく。この行動を取っています。

他人と自分は比べない、比べるのは少し先の自分と今の自分

イチロー選手の生きざまで、ファンの方に伝えられたことはあるかと質問された際のコメント。

「あくまでも、はかりは自分の中にある。それで自分なりにはかりを使いながら、自分の限界を見ながら、ちょっと越えていくということを繰り返していく。そうすると、いつの日からかこんな自分になっているんだ、という状態になって。だから少しずつの積み重ねが、それでしか自分を越えていけないと思うんですよね。一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられないと僕は考えているので、地道に進むしかない。ある時は後退もしながら自分がやると決めたことを信じてやっていく。でもそれは正解とは限らないですよね。間違ったことを続けてしまっていることもあるんですけど、でもそうやって遠回りすることでしか、本当の自分に出会えないというか、そんな気がしているので。」

この言葉で印象に残ったのは、下線の部分「一気に高みに行こうとすると、今の自分の状態とギャップがありすぎて、それは続けられない」

恐れ多い発言ですが、イチロー選手も自分と同じような部分があったんだと共感を覚えたコメントです。筆者が初めてブログにチャレンジした際も、いきなり5.6年も続けているような完成度の高い方のブログを見てしまっては凹んでしまい、辞めたくなりました。筋トレをしようとジムに通ったとしてもムキムキの人がジムを独占している姿を見て、キャシャな私は気が引けてしまうでしょう。ダイエットも同じです。いきなりモデル体型を目指しても、少し頑張った後の自分の姿を鏡で見ては、凹んでしまうでしょう。

そう、他人と自分は比べてはいけないのです。自分の出来ること、自分の限界だけを見て、自分のはかりの中で少しづつ積み重ねていく。少し先の自分ならまず目指していける。あくまでも自分の出来ることを続けていく事が成功の秘訣となるでしょう。

いかがでしたか。ビジネス会でもスポーツ会でも、やはり一流と呼ばれる方々は皆同じ思考にたどり着くのだなぁと改めて思いました。筆者もイチロー選手に見習い、目標を公言して一つ一つ小さな出来ることを積み重ねて行きたいと思います。「当ブログにて」に筆者の夢を公言しましたので是非ご覧になってください。

尊敬するイチロー選手、本当にお疲れ様でした。WBC韓国戦の決勝タイムリーは一生忘れません。長い文章になりましたが、お読み頂きましてありがとうございました。

新世代ライフプランはwadachima.com(ワダチマドットコム)!

それではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加