仮想通貨取引の鍵!利用目的を決めよう!

この記事は約 4 分で読めます。

2017年に一世を風靡した仮想通貨。2015年に100万円を入れていた人はその額が6,000万円にも膨れ上がるほどのバブルがあり、「億り人」となる人が多数現れました。しかしそのバブルは弾け、2018年頭に100万円を入れた人はその10ヶ月後には4分の1の25万円になってしまうほどの降下ぶりでした。今回は、そんなギャンブル的要素の強い仮想通貨の利用目的について考えていきます。

仮想通貨は投資?投機?

仮想通貨は冒頭に申し上げた通り、価格の変動が激しく、非常にギャンブル性の強い商品です。基本的には「投機」であると言えます。投資と投機の違いについては以下の過去記事をご参考ください。↓↓↓

「投資」と「投機」の違いとは

現在は短期的にお金を儲けたい人(私もその中の1人)が多い為に激しい動きになっておりますが、使用しているブロックチェーン技術などの本質だけを見れば、将来の成長性が期待できる非常に魅力ある投資商品です。ですから私は、仮想通貨は「投資2:投機8」くらいの割合の商品だと考えています。つまりは、宝くじ、パチンコ、スロット<仮想通貨。「宝くじ買うなら仮想通貨買っとこ」そんなイメージで私は仮想通貨を積み立てています。

ブロックチェーンについては、オリラジのあっちゃんの「youtube大学」にて非常にわかりやすく、また面白く語ってくれています。参考にどうぞ。↓↓↓

5G時代の最終兵器「ブロックチェーン」』

仮想通貨取引は「投機」目的で利用しよう!

家庭を持つサラリーマンにとって、仮想通貨はリスク(振り幅や未確定要素)が高すぎます。家計のほとんどを入れてしまっては心臓がもたないでしょう。私は以前、過去記事の『投資のポートフォリオを考えよう!初心者にオススメのポートフォリオ、4つの参考例を紹介!』にて、自らの資産のポートフォリオを公開しましたが、仮想通貨は総資産に対して1%に過ぎません。多くとも10%程度までがお勧めです。自分が楽しめる範囲であればいくらでも構わないのですが、最悪無くなっても良いお金の利用が心には優しいでしょう。

仮想通貨で得た利益の使い道は?

私は「投機」での利益は「増えたらラッキーなお金」としての認識です。使い道のお勧めは2点。「投資の軍資金作り」「趣味趣向の使用」です。

「投資の軍資金作り」から見ていきます。沸いて出たお金を投資に回す。これはサラリーマン投資家としては1番◎な方法ではないでしょうか。例えば私で言うと、仮想通貨での利益はマンション投資のローン返済に当てています。ローンの繰上げ返済をしていくと、残返済額にもよりますが、数万円でも数十万円の利子を削減することが出来ます。

また、私はレバレッジ取引で得た利益で現物コインも購入しています。現物コインは長期保有する目的ですから、これも投資です。元々なかったお金で仮想通貨という夢を買えるのですからこんなに良い方法は無いと思います。その手法はこちらに詳しくまとめてあります。良かったらご参考ください。↓↓↓

サラリーマンの為の「わだちま流、心に優しい仮想通貨運用術」

次に2つ目の「趣味趣向の使用」です。これはその名の通り、好きに使ってください、という事。元々なかったお金ですからこれは遊んで頂いても良いのではないでしょうか。特にサラリーマンであれば、お小遣いを増やすのには良いのかもしれません。但し、そういった欲望のみを目的とすると徐々に一攫千金を狙いだし、ハイリスクになり、貯めてた小遣いも全部なくなっちゃった!なんてことにもなりますからその点はお気をつけて。ちなみに私は健全に家族旅行に使用しています。(妻もこのブログを見ていますからアピールしとこ!)

良い轍も悪い轍も、誰かの役に立ちますように。

新世代ライフプランはwadachima.com(ワダチマドットコム)

それではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加