【失敗から学ぶ 】投資初心者でFXから始めたからこそ学べた3つの事①

この記事は約 3 分で読めます。

これから投資を始めようと思う方は、なぜ投資をしようと思うのでしょうか。大抵の方は綺麗事なしにお金を増やしたいからだと思います。人間、誰しも楽してお金を稼ぎたいという欲を持った事は一度はあると思います。

私も初めて投資に興味が湧いた時、FXに興味がありました。なぜなら、手っ取り早く収益が挙げられそうだと思ったのと、デイトレーダーという響きがかっこよかったから、という浅はかな理由からです。今思えば、「投機」であるFXは初心者が簡単に大金をはたいてやるにはあまりお勧めできません。しかし、自制する自信のある方は始めてみても良いでしょう。学ぶ事は多くあります。

私の場合は、お小遣いを稼ごうと10万円から始め、どこまで出来るか試してみました。積極的にはやらずとも1年で9万円のマイナスとなり、散々な結果となりました。

そんなハイリスクハイリターンのFXですが、初心者でいきなり飛び込んだからこそ学べた事が3つあります。自分の今後の人生においても役に立つ事柄でしたので、今回はそちらを紹介したいと思います。

1.人生の目的を明確化出来るようになったこと

常に目的を明確化させておく事は、FXの利益を確定させるときに非常に重要です。それはなぜかと言うと、FXは決断と行動が全てであり、悩んでいる暇もなく価格が変動していくからです。調子が良いと欲をかき、まだ利益が上がると思ってしまいがちです。そう思っていると、逆に一気に下落したりします。また、下がっている局面ではいつかは上がると思っていても、その後いつまでも下落を続け、強制的にマイナスで決済されたりもします。ですから、目標の明確化が必須となります。

具体的に話しますと「この仕掛けは、新しいパソコンの為に10万円を稼ぐためのものだ。10万円の利益が出たら絶対に確定させるぞ!!」といった感じです。「!」マークが付くくらい思う事がポイントです。

このような考え方が出来るようになると、全ての投資に明確な目標を立てる事が出来るようになります。長期運用も同様です。私の例ではiDeCoで貯める300万は老後の世界一周旅行の資金にしよう、ですとか、この投信は10年後の車の頭金にしよう、などです。用途を明確に決めておく事で、売り気を逃す事はなくなるわけです。

しかし、人間は欲が出るものでこれを実行する事は、わかっていてもなかなか難しいものなんですよね。FXでは嫌が応にもこの力が身につきます。株や投信のそれとはスピード感が全く違いますからね。FXに触れてから、人生においての局面でも決断と行動が早くなったと感じます。

続きはこちら↓↓↓

投資初心者でFXから始めたからこそ学べた3つの事②

このエントリーをはてなブックマークに追加