【国民(厚生)年金だけには頼れない】老後資金はiDeCoを中心に分散貯蓄!①

この記事は約 4 分で読めます。

前回の記事では、老後の生活費は夫婦で1億円かかってくるというお話をしました。しかし、実際に老後生活が始まる際に用意しなければならない額が1億円という訳ではありません。この大きな数字は、老後の30年間で結果的に支払う合計額の事です。では、今回は実際にどのくらい貯めておけば安心なのか、私自身の備えを具体例に見ていきましょう。

実際の老後資金は2〜3000万円貯めていればやっていける。

まずは、国民、厚生年金を計算していきます。国民年金と厚生年金の違いは以下のサイトを等をご参考ください。

国民年金と厚生年金の違い

国民年金制度は20歳〜65歳又は70歳の間の支払い期間に応じて老後資金が支給される制度です。支払っていない期間がある方はもらえる額も少なくなります。これは人それぞれで支給額が変わりますが、現在の平均値(厚生労働省が公開している「平成29年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」)は国民年金が月/55,000円、厚生年金が月/147,000円となっております。参考:シニアガイド

自分達夫婦のもらえる額がおおよそ分かったら、実際に計算してみましょう。私の場合は、妻は専業主婦ですから国民年金と私の厚生年金で計算します。今後は妻も働くとは思いますが、最低の場合を想定しておきましょう。

妻が国民年金、私が厚生年金が支給されるとすれば月/202,000円となります。

そうしますと

20万×12ヶ月×30年=7200万

7200万円が30年間で支給される額となります。結構貰えますよね。では、次に生活費から年金支給額を引きます。

1億円(生活費)-7200万=2800万

老後には約3000万円あればなんとか最低限の生活はできそうだという事がわかります。皆さんもこのような計算で、最低限貯めておかなければならならない生活費を計算してみましょう。3000万円なら1億円に比べて肩の荷がおり、なんだか行けそうな気がしてきました。

ゴールキーパーの年金移行型生命保険、ディフェンダーのiDeCo

では次に、どの手段を用いてその3000万を用意していくことがベターなのか。様々な方法があるかと思いますが、私は年金移行型の生命保険とiDeCoの2点をチョイスしました。

お子さんがいる方は万が一の時の養育費確保の為、生命保険に加入していると思います。私も保険に関しましては、過去記事、しつこい保険の営業マンから学んだことにて、あーだこーだ言いました。しかし、私事ではありますが、第一子が生まれた際にその必要性を感じ加入することにしました。自分が死んでしまった場合の最終的な保障、サッカーに例えるなら生命保険はまさに人生のゴールキーパーなのではないでしょうか。ですから良い選手を選んでいきましょう。私はこの保険で死亡保障と老後資金(1000万円)を確保。残りの2000万円をiDeCoで貯蓄していきます。

iDeCoは死亡前の老後を支える守備の要。ディフェンダーの役目です。妻と私で海外株、国内株を計月/2万円貯蓄すると、約5%の運用で30年後に約2000万円が貯まる予定です。

iDeCoを活用する理由は節税期待できるリターンが非常に大きいからです。保険会社の提供する個人年金とは、節税、リターン共に比ではありません。節税では毎年支払い分は全額控除、リターンでは大手個人年金の約2倍にも及ぶものもあります。もし既に個人年金を契約してしまっている方は払済み等も検討し、出来れば早いうちにiDeCoに切り替えることをお勧めします。

お勧め記事↓↓↓

iDeCo*イデコ(個人型確定拠出年金)を始めよう!〜そもそもiDeCoとは〜

こんなにお得な積み立てはiDeCo*イデコ(個人型確定拠出年金)だけ。3つの節税メリット!

この2つを駆使し、私は最低限必要な老後資金を備えています。次ページはそれ以外にかかってくる資金についてお話ししています。

続きはこちら↓↓↓

老後資金はiDeCoを中心に分散貯蓄!②

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

【コラム】サッカーの監督に習え!わだちま流、分散投資術