月5万の貯蓄、30年で約1千万円もの差!保険と積立投資を比較する。

この記事は約 3 分で読めます。

お金についての将来を考えてみると、昨今では貯める選択肢は様々な手段があります。私は以前までは保険商品や預金などしか知りませんでしたが、積立投資という方法を知り、実践し、以前よりもとても満足しています。そういった知識は誰も教えてくれません。今回はそんな積立投資の魅力を伝えながら、実際に保険商品の場合と、積立投資の場合との金額の差を比較していきます。

5万円を貯めていく。

保険商品のみ月に5万円30年間貯めていく場合の一般例です。(2019/12/28のデータ)

・貯蓄型生命保険 : 1万

例 : オリックス生命RISE(払戻率108%)441万円

・財形貯蓄 : 1万(0.01%)361万円

・定期預金 : 1万(0.25%)374万円

・個人年金 : 1万

例 : 明治安田生命年金かけはし(受取率104.8%)377万円

・現金で貯める : 1万360万円

合計は1,913万円

月5万円で約2000万円貯まるようです。これなら老後資金2000万円足りない問題もクリア出来ますね。プラスで年金もありますから。

それでは、次は投資商品で月5万円、カッコ内の利率で運用できた場合で見ていきましょう。

・積立NISA : 3万外国株式インデックス(3.5%)

20年で約1,037万円

その後の10年を国内債権(2%)にて保有すると、1,264万円

・IDeCo : 2万外国株式(5%)1,630万円

合計すると2,894万円

保険商品1,913万円、投資商品2,894万円。その差はなんと981万円。1千万円もの差が開いてしまうのです。1千万円もプラスとなれば、老後の趣味や旅行などにお金を回すことも出来るでしょう。これがお金に働いてもらうという力なのです。

1千万円で30年後に何をしますか?

1千万円もプラスになる事がわかれば、将来もワクワクしますよね。皆さんは30年後に何をしますか?私は妻と2人で世界一周旅行に行きたいですし、2人で住む平家も建てたいと思います。

その為にも、自分の成績の為に自社や提携会社の保険商品しか勧めてこない営業マンの言う通りにするのではなく、自分で勉強して、この1千万円を獲りに行く事をお勧めします。その為の情報を当ブログでは発信していきます!共に楽しい投資ライフを満喫しましょう!

関連記事

【失敗から学ぶ】しつこい保険の営業マンから学んだこと

NISA*ニーサ(少額投資非課税制度)を始めよう!そもそもNISAとは?

iDeCo*イデコ(個人型確定拠出年金)を始めよう!〜そもそもiDeCoとは〜

なぜ資産の分散が必要か

年金2000万円不足問題は本当か。自分の老後費用を実際に計算してみよう!

良い轍も悪い轍も、誰かの役に立ちますように。
新世代ライフプランはwadachima.com(ワダチマドットコム)

それではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加

SBI証券