2020年 新年挨拶② 〜今年の2つの行動指針〜

この記事は約 3 分で読めます。

初詣は我が地元県、栃木は小山市の須賀神社へ↑↑↑

なんとおみくじは夫婦共に大吉でした!!

今年も良い年になりそうです(^^)そんなこんなで、昨年の反省を踏まえ、今年の2つの行動指針を立てました

時間軸を意識する

私の血液型はB型で性格も超マイペースです。それが長所でもあり短所でもあります。時間に縛られないと良いものを作りますが、期限を設けられると非常に拒否反応を示しストレスを抱えてしまいます。

昨年は「人間は期限を設けると実力以上の力を発揮する、又は逆に期限を設けないと怠けてしまう」、そう言った事を経験し、理解した1年でもありました。制約を他人から与えられると非常にストレスがかかる私ですが、なら初めから自分で制約を作ろう。そうすればストレスはない。そのような結論に至りました。

ましてや私の弱点でもある為、克服のために今年度は何事にも自ら時間的制約を設け時間軸を意識して行動していきます。

仕事と育児は頭を切り替えて、目の前の事に一生懸命!

私はこの1年間出来るだけ妻に寄り添い、育児を頑張ろうとしました。しかし、結局のところ、それぞれの役割を担った方が良いという結論に至りました。それは、やはり誰かが食う為のお金を稼いで行かなければならないからです。

仕事と育児を両立している人には孤独な戦いがあります。例えば、妻は夫婦2人で100%毎日、育児をしたいと思っていて、子供は100%毎日、ママ、パパと遊んでもらいたいと思っている。もしかしたら、世の中の妻と子供は皆そう思っているのかもしれない。しかし、仕事をしている方はそのような周囲の気持ちに100%応える事が出来ません。それは、仕事があるからです。求められても断りきれるか、説得しきれるか、そう言った孤独な戦いがあります。

どんな不労所得を持っている方でも、現状維持は衰退です。人間関係の付き合いもあります。チャンスもその辺に転がっています。何かしら仕事でやりたい事が出てくるでしょう。子持ちの方で、そのようなチャンスを逃し歯痒い思いをした経験がある方もいるのではないでしょうか。仕事と育児、どちらも100%追求する事はできないのです。

もちろん、子供には出来るだけ親子の時間を作ってあげた方が良い事は分かっていますが、出来ない時は出来ません。今は我慢の時、子供といる時でも違う事を考えてしまいがちな私だからこそ、切り替えて、目の前の事に全力で向き合い、質で勝負していきます。

以上の2つを今年の行動指針として宣言致します。本ブログでは、読者の皆様に「ライフプランや投資、自己啓発」において価値あるWin-Winな情報をお届けする為に、汗をかき続ける1年にします!それでは今年もまた1年、当ブログ、轍まこと「わだちまのライフプラン術」をよろしくお願い致します

良い轍も悪い轍も、誰かの役に立ちますように。
新世代ライフプランはwadachima.com(ワダチマドットコム)

それではまた。

このエントリーをはてなブックマークに追加